• Request For Catalog
  • facebook
  • twitter
  • instagram

blog

blog

大阪府公共建築コンクール審査

2021.03.30 / Horibe Associates


先日、今回で30回目を迎える「大阪府公共建築設計コンクール」の最終審査を行いました。
総勢242点の応募があり、この中から10点の優秀作品を選出します。

全ての応募作品の中から優秀作品を間違いなくピックアップするためには、コロナ禍とはいえオンライン投票ではなく、リアルに集まって審査委員同士の緊張感の伝わる議論を交わす必要がありました。
実施コンペというだけあって多くの力作が集まり、マスク着用6時間の審査は審査する側も真剣そのもの。
夕刻には入選作品10作の選定が終わり、グランプリ作品も決定しました。

第30回 大阪府公共建築設計コンクール

【NEWS】
2021/2/22「居心地のいい家をつくる注目の設計士&建築家100人の仕事」に「杉江の家」・「東住吉の家」・「川越のガレージハウス」が掲載されました。←NEW!
2020/9/1 アメリカのWEBマガジン archdailyにて東住吉の家が掲載されました。
2020/6/19 建築知識2020年7月号「建築と背景画の3DCG最新技術」にて弊社の「BIMとVRを活用した建築デザイン」についての取組みが掲載されました。
2020/1/9 英国Phaidon社「Breaking Ground」にて「White Rose English School」が掲載されました。

【公式SNS】
建築家の日常を綴るインスタグラムの新しいアカウントを開始しました。
@horibeassociates_daily←follow me!
@horibeassociates(Official Instagram)
Facebook


地鎮祭/千里山の家/大阪府吹田市

2021.02.22 / Horibe Associates

吹田市で計画中の千里山の家 地鎮祭を行ないました。


時節を織り交ぜた神主さんのお話しは、とても聞きやすく良いお話で印象に残る地鎮祭でした。
厳かに執り行われた神事を終え事務所へ
帰社後は早速施工図と向き合い工事着工に向けて始動しました。

【NEWS】
2021/2/22「居心地のいい家をつくる注目の設計士&建築家100人の仕事」に「杉江の家」・「東住吉の家」・「川越のガレージハウス」が掲載されました。←NEW!
2020/9/1 アメリカのWEBマガジン archdailyにて東住吉の家が掲載されました。
2020/6/19 建築知識2020年7月号「建築と背景画の3DCG最新技術」にて弊社の「BIMとVRを活用した建築デザイン」についての取組みが掲載されました。
2020/1/9 英国Phaidon社「Breaking Ground」にて「White Rose English School」が掲載されました。

【公式SNS】
建築家の日常を綴るインスタグラムの新しいアカウントを開始しました。
@horibeassociates_daily←follow me!
@horibeassociates(Official Instagram)
Facebook


和歌山市内で計画中の二世帯住宅 基本設計が終了し実施設計に着手しました。

今回の構造は125×125の柱梁で構成された門型フレームによって構築する鉄骨3階建ての計画です。
まず構造家からの仮定断面モデルを意匠のBIMモデルと統合しモデルの作成を進めます。
(BIMに関しては 建築知識2020年7月号 にて弊社の取組みが掲載されています。)

また設計の過程で作成するBIMモデルはクライアントともビューアソフトで共有できるため、理解度の高い情報共有が可能です。
作成したモデルをVRソフトにインポートすることで実際の空間とほぼ変わらない空間体験が可能なため、開口部の検討や天井高さの設定等、実務でもなくてはならないツールです。
関係者がVR空間に一堂に会し打合せできる「バーチャルワークプレイス」というサービスもあり、ぜひこれらも採用したいと思います。

【外部パートナー募集中】
現在弊社ではGloobeを用いた建築設計の外部パートナーを募集しております。
主な業務はBIMモデルの作成やBIMモデルを用いた申請業務です。
法人・個人・在宅SOHOなど事業形態は不問です。
詳細はメールにてお問い合わせください。(info@horibeassociates.com)



【NEWS】
2021/2/22「居心地のいい家をつくる注目の設計士&建築家100人の仕事」に「杉江の家」・「東住吉の家」・「川越のガレージハウス」が掲載されました。←NEW!
2020/9/1 アメリカのWEBマガジン archdailyにて東住吉の家が掲載されました。
2020/6/19 建築知識2020年7月号「建築と背景画の3DCG最新技術」にて弊社の「BIMとVRを活用した建築デザイン」についての取組みが掲載されました。
2020/1/9 英国Phaidon社「Breaking Ground」にて「White Rose English School」が掲載されました。

【公式SNS】
建築家の日常を綴るインスタグラムの新しいアカウントを開始しました。
@horibeassociates_daily←follow me!
@horibeassociates(Official Instagram)
Facebook


大丸心斎橋店 DELIGHT JOURNAL 〜スタイルのある暮らし〜に出演させていただきました。

建築設計の仕事や日々の暮らしに関わる、気になっていたお店や商品の詳しい説明を聞くことができ、とても貴重な時間を過ごすことができました。

ご説明いただいた担当者の方々が、キラキラした目で商品への熱い思いを語ってくださったのがとても印象的でした。

↓こちらからご覧いただけます。
「DELIGHT JOURNAL 〜スタイルのある暮らし〜 VOL.19」

【NEWS】
2020/9/1 アメリカのWEBマガジン archdailyにて東住吉の家が掲載されました。←NEW!
2020/6/19 建築知識2020年7月号「建築と背景画の3DCG最新技術」にて弊社の「BIMとVRを活用した建築デザイン」についての取組みが掲載されました。
2020/1/9 英国Phaidon社「Breaking Ground」にて「White Rose English School」が掲載されました。

【公式SNS】
建築家の日常を綴るインスタグラムの新しいアカウントを開始しました。
@horibeassociates_daily←follow me!
@horibeassociates(Official Instagram)
Facebook


基本設計/Y社新社屋/京都市

2021.02.04 / Horibe Associates

京都で計画中のオフィス 実施設計に着手しました。

景観条例 旧市街地型美観地区に指定される地域で道路面各階の「軒の出」や3階壁面のセットバック等の形態規制の他、屋根・外壁の色彩等、景観条例の規定は多岐に渡ります。
また明文化しにくいデザインという領域であるため行政との直接のやり取りが必須となり、京都の場合は確認申請前というよりも実施設計着手前に行政との協議を完了しておく必要があります。

金属工事を請負われる企業様の社屋という性質上、建築そのものがショールームとなり得ます。
そのため構造体の鉄骨フレームを可視化し、CIを表出させるというコンセプトのもと設計を進めています。

【NEWS】
2020/9/1 アメリカのWEBマガジン archdailyにて東住吉の家が掲載されました。←NEW!
2020/6/19 建築知識2020年7月号「建築と背景画の3DCG最新技術」にて弊社の「BIMとVRを活用した建築デザイン」についての取組みが掲載されました。
2020/1/9 英国Phaidon社「Breaking Ground」にて「White Rose English School」が掲載されました。

【公式SNS】
建築家の日常を綴るインスタグラムの新しいアカウントを開始しました。
@horibeassociates_daily←follow me!
@horibeassociates(Official Instagram)
Facebook


吹田市で計画中のプロジェクト 工務店さんとの請負契約を行いました。

現在確認申請と解体工事を並行して進めています。
敷地が1種低層住専のため壁面を全周1m後退する必要があり、中庭型の2階建てでは建ぺいと容積をフルに活用できないため3階建ての計画としました。
3階建て又は軒高7mを超えると日影規制の検討が必要となり、前面道路からの斜線内にも納まらないボリュームであるため今回はコンピューターの力をフルに発揮。
逆日影・逆天空を用いて最大ボリュームの算出を行いました。


非常に制限の厳しい敷地ですが、リビングは2層吹抜けの天井高さ4.6m。(高天井には床暖房。冬でも快適に過ごせます。)
中庭型でカーテン無しの生活は、常に木々の緑や青空を望め明るく開放的なライフスタイルを実現できます。
耐震性は将来の巨大地震を見据え、耐震等級3を性能表示認定取得。
監督さんは今回で6物件目。難易度の高い工事ですが阿吽の呼吸で問題なし。
まもなく着工です。

【NEWS】
2020/9/1 アメリカのWEBマガジン archdailyにて東住吉の家が掲載されました。←NEW!
2020/6/19 建築知識2020年7月号「建築と背景画の3DCG最新技術」にて弊社の「BIMとVRを活用した建築デザイン」についての取組みが掲載されました。
2020/1/9 英国Phaidon社「Breaking Ground」にて「White Rose English School」が掲載されました。

【公式SNS】
建築家の日常を綴るインスタグラムの新しいアカウントを開始しました。
@horibeassociates_daily←follow me!
@horibeassociates(Official Instagram)
Facebook


高槻市で計画中の賃貸住宅の計画 外構工事に着手しました。

7棟の賃貸長屋の計画で建築基準法による申請協議の他に、高槻市の条例による開発の他、都市計画法による開発協議を必要とします。
規模の大きな計画になると周辺環境への与える影響も大きくなるため、ゴミ置き場の計画の他、雨水の処理計画等、条例による許可基準は法以上に細部に及びます。


開発に抵触しなくともオフィスや施設等の大規模物件の設計や住宅でも内樋を採用する際等は時間最大降雨量を180mm/hとして、屋根ドレンの配置や竪樋の径、樋のサイズの検討や外構計画を行います。
設計の基準となる降雨強度は地域によってばらつきがあり、今回は計算の結果129mm/hr
日本の最大1時間降雨量が153mmですから、ほぼ臨界値に近い状態での検討です。
図面上は竪樋のサイズや溝の勾配等の数行の文字や図面による表記ですが、その根拠はクッター公式やマンニング公式を用いた計算書が数ページ控えています。

【外部パートナー募集中】
現在弊社ではGloobeを用いた建築設計の外部パートナーを募集しております。
主な業務はBIMモデルの作成やBIMモデルを用いた申請業務です。
法人・個人・在宅SOHOなど事業形態は不問です。
詳細はメールにてお問い合わせください。(info@horibeassociates.com)

【NEWS】
2020/9/1 アメリカのWEBマガジン archdailyにて東住吉の家が掲載されました。←NEW!
2020/6/19 建築知識2020年7月号「建築と背景画の3DCG最新技術」にて弊社の「BIMとVRを活用した建築デザイン」についての取組みが掲載されました。
2020/1/9 英国Phaidon社「Breaking Ground」にて「White Rose English School」が掲載されました。

【公式SNS】
建築家の日常を綴るインスタグラムの新しいアカウントを開始しました。
@horibeassociates_daily←follow me!
@horibeassociates(Official Instagram)
Facebook


目黒区で計画中の賃貸併用住宅の計画 
これからはオンライン会議も交え、実施設計着手へ向けた基本計画の詰めの作業にかかります。
このコロナ禍で増えたオンライン会議。
実際にお会いしてのミーティングのリアルさは得られませんが、電話以上面談未満と定義すれば非常に受け入れやすいツールになりました。



実際昨年末からのカレンダーを見返すと週に2~3回はオンラインでの会議に参加しています。
その他コロナ禍で大きく変わった点は
FAXを使用することが無くなったこと。
押印書類が減ったこと。

特にFAXは法律で「書面交付」との文言が明記されている?ためか、行政や審査機関等の半官半民の組織で多く使用されていましたが、最近ではメールでのやり取りについても比較的受け入れられるようになりました。

昨年暮れの日経新聞春秋では「歴史を顧みれば戦後日本の多くの制度は、じつは戦時下にスタートしている。 コロナ下で生まれるさまざまな挑戦も、歴史をつくるに違いない。」とありました。

今年は、これから起こりうる様々な変化を合理化と捉えるのではなく、さらなる高みを目指すためのテコとして受入れ、また変化を先取りできるような一年にしたいと思います。

2021年最初のブログとなりました。
本年もよろしくお願い致します。

【外部パートナー募集中】
現在弊社ではGloobeを用いた建築設計の外部パートナーを募集しております。
主な業務はBIMモデルの作成やBIMモデルを用いた申請業務です。
法人・個人・在宅SOHOなど事業形態は不問です。
詳細はメールにてお問い合わせください。(info@horibeassociates.com)

【NEWS】
2020/9/1 アメリカのWEBマガジン archdailyにて東住吉の家が掲載されました。←NEW!
2020/6/19 建築知識2020年7月号「建築と背景画の3DCG最新技術」にて弊社の「BIMとVRを活用した建築デザイン」についての取組みが掲載されました。
2020/1/9 英国Phaidon社「Breaking Ground」にて「White Rose English School」が掲載されました。

【公式SNS】
建築家の日常を綴るインスタグラムの新しいアカウントを開始しました。
@horibeassociates_daily←follow me!
@horibeassociates(Official Instagram)
Facebook



高槻市で計画中の賃貸住宅の計画 建方検査を行いました。
建方検査では構造図と照らし合わせての、構造金物の確認や耐力壁の仕様確認
金物を固定するビスの長さや本数、面材耐力壁においては釘の種類、施工@、めり込み深さ等の確認を行います。

工務店さんの自主検査、審査機関の検査、瑕疵担保保険法人による検査、最後に私たち監理者による検査を行いました。
それぞれが同じ内容をチェックしているようで見方が異なると指摘内容も異なってきます。
指摘無しということは稀で、今回も3点ほど指摘があり是正後次施工へと移ります。

今回もiPadが活躍(iPad活用法について

図面に描き込みや写真貼付け、ビジュアル的な検査帳票をその場で作成→共有。
事務所に帰ってからの作業は書類整理も含めて全く無くなり、大幅な省力化が図れるようになりました。

建方検査の後は、隣の棟の基礎躯体検査。適正な位置にアンカーボルトが設置されているかを確認しました。


【建方検査についての過去記事】
川越のガレージハウス
杉江の家
三好の家

【NEWS】
2020/9/1 アメリカのWEBマガジン archdailyにて東住吉の家が掲載されました。←NEW!
2020/6/19 建築知識2020年7月号「建築と背景画の3DCG最新技術」にて弊社の「BIMとVRを活用した建築デザイン」についての取組みが掲載されました。
2020/1/9 英国Phaidon社「Breaking Ground」にて「White Rose English School」が掲載されました。

【公式SNS】
建築家の日常を綴るインスタグラムの新しいアカウントを開始しました。
@horibeassociates_daily←follow me!
@horibeassociates(Official Instagram)
Facebook



高槻市で計画中の賃貸住宅の計画 基礎の配筋検査を行いました。
写真奥は先日プレカットの打合せを行った北棟。建方が順調に進んでいます。

最近は現場監理も専らipad proにて行います。
指摘事項があればその場で写真撮影し、ipad上の検査帳票に貼り付け、その場で是正ができるものは処理していただき是正後の写真を撮影→貼り付け。
検査が終了すると同時に配筋検査記録表が完成し、その場で関係者にメール又はAirDropにて共有します。

事務所に帰ってからの作業が不要で、かつ書類のビジュアル化を図ることができ、わかりやすい。

現場監理のリモート化は難しいですが、ペーパーレス化は着々と進んでいます。

【配筋検査についての過去記事】
三好の家
紀の川の家
白ばら英会話学校-1
白ばら英会話学校-2
白ばら英会話学校-3
世田谷アパートメント-1
山坂の家

【NEWS】
2020/9/1 アメリカのWEBマガジン archdailyにて東住吉の家が掲載されました。←NEW!
2020/6/19 建築知識2020年7月号「建築と背景画の3DCG最新技術」にて弊社の「BIMとVRを活用した建築デザイン」についての取組みが掲載されました。
2020/1/9 英国Phaidon社「Breaking Ground」にて「White Rose English School」が掲載されました。

【公式SNS】
建築家の日常を綴るインスタグラムの新しいアカウントを開始しました。
@horibeassociates_daily←follow me!
@horibeassociates(Official Instagram)
Facebook


category
person
archive
monthly archive

Philosophy

Philosophy

堀部直子

堀部直子

一級建築士
日本建築家協会正会員
建築士会正会員
近畿大学非常勤講師

建築はそれ自身の成り立ちとは無関係に
完成と同時にその周囲の人々や街並み、環境にまで大きく影響を与える存在です。
そして大切に使われているか否かその場所に馴染んでいるか否かに関わらず
何十年もその土地に存在し続けます。

デザインだけでなく、機能だけでもない、建築に関わる様々な物事にこだわり続け
何十年も人々に愛され、人々を守り、色褪せない建築
それが私たちの求める建築のあり方です。

Once created, architecture has significant influence on townscape,
surrounding people as well as the environment, regardless of its background.
It will remain on that ground for decades
whether it blends into the location or not, or if it’s treasured.

No just design or capabilities, but focus on various architectural essence.
Timeless longevity endeared for years, and guarding people’s lives…
this is the concept we pursue.

Contact

Contact

Horibe Associates co., ltd.

大 阪 569-1144 大阪府高槻市大畑町16-12 HAビル 2階
TEL. 072 691 8075
東 京 134-0015 東京都江戸川区西瑞江4-16-6 203
Mail info@horibeassociates.com

アクセス

Mailform

Mailform
▶

必須項目は必ずご入力ください

お名前 姓     名  
ふりがな せい    めい 
    住所検索
ご住所
地名・番地 
建物名など 
お電話番号     
メールアドレス

ご入力 

ご確認 

お問い合わせ項目
※複数選択可



お考えの建物について
お問い合わせ内容