• Request For Catalog
  • facebook
  • twitter
  • instagram

blog

blog

DSC_0005
写真は3階のトイレです。
奥のガラスはグラデーションフィルムを施工する予定ですが、目線のレベルでは透明になり、借景の緑を見ることができます。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


白ばら幼稚園英会話学校
5月に竣工しました「White Rose English School/白ばら幼稚園英会話学校」をWEBサイトに掲載しました。
幼稚園の課外教室である英会話教室のための施設です。
幼少期からの英語教育に注目が集まる中、幼稚園の課外教室だけに留まらず、卒園後も通うことができる施設として計画しました。
建物のファサードデザインは、完全な円ではなく半円とし、英語を学び将来へ・世界へ繋がっていく可能性を表現しています。

「White Rose English School/白ばら幼稚園英会話学校」
ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


DSC_0056
3階廊下からは高校のグラウンド越しに城跡公園のたくさんの緑が見ることができます。
この階段吹抜けは1階まで続き、カーテンウォールやトップライトからの光を下階へ届けます。
手摺は陰を落とさないようガラスとなっています。格子手摺のように隙間がないため落下による心配も少なくなっています。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


CIMG0788
3階まで階段を登ると目の前には北側の城跡公園の緑が広がります。
北側は高等学校のグラウンドがありその奥に緑豊かな公園があります。
この土地の特性を活かした開放感のある計画となっています。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


01
階段を登り3階へ。(写真は階段を見返したところ。)
このらせん階段の外側手摺はガラスになっていて、人が行き交う姿をカーテンウォール越しに映し込みます。
アーチ型の2つの窓がある部屋は職員室です。この窓は2階の教室の様子を見るためだけではなく、南北カーテンウォールの電動ブラインドの操作を確認するための窓にもなっています。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


教室
2階教室の床はナラの無垢フローリング。全教室床暖房となっており、フローリングは床暖房対応です。
照明器具は全てLED照明。授業中は蛍光灯色、それ以外は温かなあかりの電球色とスイッチ1つで切り替えることができます。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


トイレ
2階の男の子トイレです。
手洗いシンクは中だけ水色にして、室内の壁の一部をシンクの水色に合わせました。
水道の蛇口は子ども達がいたずらしないようにセンサー式を採用しています。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


教室1
写真は2階の教室から北側の階段吹抜けを見た状況です。
ライトウェルから自然光を取り入れています。採光を直接外部に接した開口部からではなく、内部空間を介することで室内温度は外気温にあまり左右されません。
学習に集中できるよう、室内環境はエアコンや床暖房によりコントロールし易い環境になっています。

写真上部のアルミルーバーの中にはエアコンや換気扇が隠されています。空気の流れを妨げないようにルーバーのピッチは10cmと大きめになっていますが、エアコンや配線等、ルーバーの奥のものは全てつや消しの黒塗装とすることで、ブラックアウトさせています。

各教室には手洗いと子どもたちそれぞれの収納があります。
手洗いはABC商会さんのFLAPPを採用しました。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


ライトウェル
2階待合いから北側の階段吹抜けを見返した状況です。
北側と言っても採光が得られないわけではありません。直射日光こそ入りませんが均質な光に溢れています。
吹抜けに面する3層のコンクリート打放しの壁は、力強さや安心感を表現しています。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


2階待合
2階の待合コーナーです。
前回(5/27の記事)の続きですが、この3階へ登る階段の向きをこうすることで部屋の中央の空間を有効に使うことができます。
それ以外にもっと大きな理由があります。

教室に近い部分に階段の低い部分を持ってくることで、メリットが2点。
1)教室に対して階段吹抜けからの光をより多く取り入れることができる。
2)授業参観の際にこの階段が客席になる

そして最大の理由は、正面ファサードの大きなカーテンウォールの中心に階段を持ってくることで施設内を行き交う人や子どもを建物の中心に居据えることができます。
そうすることで城跡公園の緑を背景に、子どもたちが楽しくいきいきと英会話を学ぶ姿が映し出されます。
それはこの建築のコンセプトを左右するとても大切なコトでした。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


category
person
archive
monthly archive

Philosophy

Philosophy

堀部直子

堀部直子

一級建築士
日本建築家協会正会員
建築士会正会員
近畿大学非常勤講師

建築はそれ自身の成り立ちとは無関係に
完成と同時にその周囲の人々や街並み、環境にまで大きく影響を与える存在です。
そして大切に使われているか否かその場所に馴染んでいるか否かに関わらず
何十年もその土地に存在し続けます。

デザインだけでなく、機能だけでもない、建築に関わる様々な物事にこだわり続け
何十年も人々に愛され、人々を守り、色褪せない建築
それが私たちの求める建築のあり方です。

Once created, architecture has significant influence on townscape,
surrounding people as well as the environment, regardless of its background.
It will remain on that ground for decades
whether it blends into the location or not, or if it’s treasured.

No just design or capabilities, but focus on various architectural essence.
Timeless longevity endeared for years, and guarding people’s lives…
this is the concept we pursue.

Contact

Contact

Horibe Associates co., ltd.

大 阪 569-1144 大阪府高槻市大畑町16-12 HAビル 2階
TEL. 072 691 8075
東 京 134-0015 東京都江戸川区西瑞江4-16-6 203
Mail info@horibeassociates.com

アクセス

Mailform

Mailform
▶

必須項目は必ずご入力ください

お名前 姓     名  
ふりがな せい    めい 
    住所検索
ご住所
地名・番地 
建物名など 
お電話番号     
メールアドレス

ご入力 

ご確認 

お問い合わせ項目
※複数選択可



お考えの建物について
お問い合わせ内容