• Request For Catalog
  • facebook
  • twitter
  • instagram

blog

blog

受入れ検査
コンクリート打設時には打設前に受入れの検査を行います。
圧縮強度試験は3回行いその平均値を取るためテストピースも3本採取します。
今回は1週、4週、型枠脱型用の3回分合計9本のテストピースを採取していただきました。
受け入れ検査とテストピースの採取は生コン車の予定台数より均等に採取する縦割り方式で行っていただきました。


借景/英会話学校/大阪府高槻市

2013.08.07 / Horibe Associates

借景
基礎の型枠も終わり2回目の配筋検査を行いました。
今回はかぶり厚さのチェックが重点になります。
前回の指摘事項も完璧に対応していただいており、満を持してのコンクリート打設となります。

完成後はこの空と借景の緑が、建築のファサードに透過される予定です。


配筋検査/英会話学校/大阪

2013.07.31 / Horibe Associates

配筋検査
型枠の工事着手に先立ち配筋検査を行いました。
いろいろ細い決まりはあるのですが、配筋において個人的に特に重要だと考えているのは「かぶり」と「結束」です。
「かぶり」にしても「結束」にしても、できた結果を見て指摘していたのでは手直しに大変な時間と労力を費やしてしまいます。
現場との思い違いがないよう事前に注意喚起し、まずは予防措置を行うことが建物にも、作業に従事する人たちに対しても、とても重要なことです。

結束についてはコンクリート打設時の側圧により配筋が乱れないようにするために重要で、JASS5では下記のように定められています。
「交差する鉄筋相互の結束は帯筋、あばら筋では四隅の交点で全数、その他の交点で半数以上、スラブ、壁では交点の半数以上を標準とする。」

つまり柱、梁の四隅の主筋はオール結束が原則です。

k.horibe


JASS5/英会話学校/大阪

2013.07.27 / Horibe Associates

JASS5
鉄筋コンクリート造において「JASS5」は必読書です。
最も多く現場に足を運ぶ意匠設計者にとってもこれは必須アイテムなのです。


捨てコン/英会話学校/大阪

2013.07.25 / Horibe Associates

掘削工事
掘削工事が完了しました。
この後、捨てコンを打設し鉄筋工事に進みます。
捨てコンの役割は大きく下記3点が挙げられます。
・墨出しのため
・型枠を定位置に固定するため
・鉄筋のかぶり寸法を正確に確保するため
この他重要な項目として止水が挙げられます。土のままの状態でコンクリートを打設すると、コンクリートが硬化する際の水和反応に必要な水分が土に吸収されてしまい、計画通りの強度が発現しない恐れがあります。
捨てコンと言いますが、非常に重要な役割を担っています。


アゲハ蝶/英会話学校/大阪

2013.07.23 / Horibe Associates

アゲハ蝶
地盤改良工事が終了し、掘削工事に着手しました。
地盤改良を行った付近にはアゲハ蝶がいました。
蝶はアルカリやミネラル成分を好むので、アルカリ性の水分を含んだ泥や土に集まってきます。


開口補強筋/英会話学校/大阪

2013.07.22 / Horibe Associates

ダイヤレン

基礎工事に先立ち様々な書類や施工図の確認が必要です。
基礎躯体図、土間伏図、施工計画書(鉄筋工事・圧接工事・型枠工事・コンクリート工事)、コンクリートの配合報告書等。
基礎地中梁に設備配管スリーブ用の補強筋を既成品代用する場合には、別途構造計算にて検証します。


総合定例/英会話学校/大阪

2013.07.11 / Horibe Associates

英会話学校 総合定例
英会話学校新築工事
今日は第一回目の総合定例でした。
地盤改良工事も終わりまた、更地に戻りました。


柱状改良/英会話学校/大阪

2013.06.29 / Horibe Associates

柱状改良
今週から本格的に柱状改良の工事に着手しました。
直径800φの改良体を134本打設します。
写真の地盤改良材(1ton/袋)を約120袋使用する予定です。
施工者の管理としては全ての杭についての掘削の状況(アンメーターによる支持層の確認)、その日の打設本数に対しての改良材の使用料等、施工計画書に基づいた適切な作業が行われているかのチェックを重点的に行なってもらいます。

k.horibe


縄張り/英会話学校/大阪

2013.06.22 / Horibe Associates

20130621
本日は縄張りとGLの設定を行いました。
建築において縄張りとは敷地に縄(ビニール紐や水糸)を張って建物の位置を記すことで、実際の配置が設計図書の配置と相違ないかを確認します。
GLとは グランドレベル(Ground level)またはグランドライン(Ground line)の略で、地盤や建築の基準となる高さのことです。
建築において境界からの離れや建築物の高さは建築基準法や民法による制限があり、広義には財産法へも派生していく重要な部分です。
今回の計画では敷地北側にある城跡地の公園にある、大きなくすの木に対しての軸線もデザインの重要な要素となっています。

現場は次週より柱状改良の工事に着手します。それに先立ち施工計画書や施工図の確認を行いました。
一品受注生産である建築において、品質監理は予防監理が鉄則で、今後全ての工種において計画書や施工図による着手前の確認を行なっていきます。
k.horibe


category
person
archive
monthly archive

Philosophy

Philosophy

堀部直子

堀部直子

一級建築士
日本建築家協会正会員
建築士会正会員
近畿大学非常勤講師

建築はそれ自身の成り立ちとは無関係に
完成と同時にその周囲の人々や街並み、環境にまで大きく影響を与える存在です。
そして大切に使われているか否かその場所に馴染んでいるか否かに関わらず
何十年もその土地に存在し続けます。

デザインだけでなく、機能だけでもない、建築に関わる様々な物事にこだわり続け
何十年も人々に愛され、人々を守り、色褪せない建築
それが私たちの求める建築のあり方です。

Once created, architecture has significant influence on townscape,
surrounding people as well as the environment, regardless of its background.
It will remain on that ground for decades
whether it blends into the location or not, or if it’s treasured.

No just design or capabilities, but focus on various architectural essence.
Timeless longevity endeared for years, and guarding people’s lives…
this is the concept we pursue.

Contact

Contact

Horibe Associates co., ltd.

大 阪 569-1144 大阪府高槻市大畑町16-12 HAビル 2階
TEL. 072 691 8075
東 京 134-0015 東京都江戸川区西瑞江4-16-6 203
Mail info@horibeassociates.com

アクセス

Mailform

Mailform
▶

必須項目は必ずご入力ください

お名前 姓     名  
ふりがな せい    めい 
    住所検索
ご住所
地名・番地 
建物名など 
お電話番号     
メールアドレス

ご入力 

ご確認 

お問い合わせ項目
※複数選択可



お考えの建物について
お問い合わせ内容