• Request For Catalog
  • facebook
  • twitter
  • instagram

blog

blog

コーヒーミル

2015.01.31 / Horibe Associates

コーヒー
これまで粉末コーヒーだった事務所のコーヒーを昨年末から豆挽きに変更しました。
コーヒーミルはMokuNeji モクネジを購入。
シンプルなかたちと無垢の木の素材にひとめぼれしました。


建方
たつのギャラリーカフェの棟上げを行いました。

今回天井は構造用合板の表しの仕上げになります。
合板は比較的綺麗な面が表という扱いで、JASSマークやF☆☆☆☆の刻印が押されています。
この刻印のある面を仕上げに使うわけにはいかないことと、手間をかけてこの刻印を消すのはそもそもの趣旨に反するため、現場で仕上げに使える比較的綺麗な裏面を持つ合板の選別を行いました。
宇佐のドッグサロンと同じ仕上げです。)

作業も一段落し上棟式。
特注のHoribe Associates仕様のこも樽が式台を飾っています。
上棟式


ハコスカ
伏石の家のアンカーボルト検査を行いました。
基礎屋さんによるチェックと工務店さんの自主検査が完了していたため、1本の忘れもなく適正な位置に配置されていました。

現場近くには、あの往年の名車「ハコスカ」が駐車されていました。
基礎屋さんのセカンドカーとのことでした。

なぜ少し運転させてもらわなかったのか、ブログを書きながら後悔しています。


仕上げ工事
真上の家は竣工に向けて内外装並行して工事が進捗しています。
外部では雨仕舞の確認や通気層の確保、防虫網の施工等のチェック。
内部では下地の仕様(サイズや@)やコンセント、スイッチの位置の確認等々を行います。

この段階は仕上がってしまうと見えなくなる部分の確認が殆どですが、建物が永く健全な状態であるためには見えない部分の仕事が一番大切です。


戸建てリノベ-2
河内長野で計画を進めていた戸建てリノベーションが竣工しました。
水廻りの刷新と既存和室との親和性がリノベーションのポイントでした。
2間続きの和室の1室をフローリングに変更、仕切りの欄間はアンティークガラスの格子に変更し和洋の2室を融和させました。


配筋検査/伏石の家/香川県高松市

2015.01.08 / Horibe Associates

配筋検査
伏石の家の配筋検査を行いました。
図面通りに配筋されているかだけでなく、鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さも重要なチェック項目になります。
この後、設計事務所の配筋検査の他に瑕疵担保保険の配筋検査も控えています。


アンカーボルト検査
基礎の立上り型枠を施工すると、アンカーボルトの設置を行います。
アンカーボルトは基礎にしっかりと定着される必要があるため、コンクリート打設しながらの田植え施工は厳禁です。
そのため、コンクリート打設の前日には必ず現場での確認を行います。
1本1本確認し全て合格。次は立上りのコンクリート打設です。


住宅エコポイント再開

2015.01.05 / Horibe Associates

あけましておめでとうございます。
本日より業務スタートです。本年もよろしくお願い致します。

さて年始早々に気になるのは、昨年末に概要の決まった「住宅エコポイント」。
9日の閣議で正式決定が予定されていますが、その概要は予算800億、対象は3月末までの売買、請負契約。

2015年3月末までということで、閣議決定されてから約3ヶ月間とかなりの短期間での募集となっています。

今後発表される詳細が気になるところです。


category
person
archive
monthly archive

Philosophy

Philosophy

堀部直子

堀部直子

一級建築士
日本建築家協会正会員
建築士会正会員
近畿大学非常勤講師

建築はそれ自身の成り立ちとは無関係に
完成と同時にその周囲の人々や街並み、環境にまで大きく影響を与える存在です。
そして大切に使われているか否かその場所に馴染んでいるか否かに関わらず
何十年もその土地に存在し続けます。

デザインだけでなく、機能だけでもない、建築に関わる様々な物事にこだわり続け
何十年も人々に愛され、人々を守り、色褪せない建築
それが私たちの求める建築のあり方です。

Once created, architecture has significant influence on townscape,
surrounding people as well as the environment, regardless of its background.
It will remain on that ground for decades
whether it blends into the location or not, or if it’s treasured.

No just design or capabilities, but focus on various architectural essence.
Timeless longevity endeared for years, and guarding people’s lives…
this is the concept we pursue.

Contact

Contact

Horibe Associates co., ltd.

大 阪 569-1144 大阪府高槻市大畑町16-12 HAビル 2階
TEL. 072 691 8075
東 京 134-0015 東京都江戸川区西瑞江4-16-6 203
Mail info@horibeassociates.com

アクセス

Mailform

Mailform
▶

必須項目は必ずご入力ください

お名前 姓     名  
ふりがな せい    めい 
    住所検索
ご住所
地名・番地 
建物名など 
お電話番号     
メールアドレス

ご入力 

ご確認 

お問い合わせ項目
※複数選択可



お考えの建物について
タイトル
お問い合わせ内容