• Request For Catalog
  • facebook
  • twitter
  • instagram

blog

blog

01mimosa
※現在満室稼働中。
【物件概要】
物件名:MIMOSA PUDICA-dormire-(物件ページ
所在地:世田谷区松原2丁目
 京王線・京王井の頭線「明大前」駅 徒歩4分
 京王井の頭線「東松原」駅 徒歩7分
構 造:鉄筋コンクリート造 地上4階 16戸(長屋4戸+共同住宅12戸)
竣 工:2017年8月
間取り:1R
面 積:29.04~29.65m2

【特徴】
線路敷に面した16戸のワンルームマンションです。
Print
1室は幅2.4m 奥行き12m(壁芯)のワンルーム。
全ての部屋が線路側と道路側の2面に全面開口を有し、明るく開放的なお部屋となっています。
線路側のサッシは2重サッシとなっているため、電車の騒音を遮りながら線路幅11mの抜け感を活かした伸びやかな空間が広がり、空が見え風の抜ける心地よい生活を楽しむことができます。

【全住戸が線路敷の抜けを共有するファサード】
01
【伸びやかな空間】
R0018637
_K2A0258


【構造について】
構造は鉄筋コンクリートの中でも少し特殊なプレートラーメン構造を採用しています。
柱と梁を壁と床の厚み程度の扁平なプレート状とすることで柱型や梁型が現れることなく、間口方向へも最大開口を確保することができます。
また、構造体のコンクリートは床26cm、壁28cmと通常の1.5~2倍の厚みがあるため、左右住戸間の騒音や、上下階床衝撃音に対しての高い遮音性能が最大の特徴になります。
床全体が梁のような構造のため配筋量も多く、耐震強度も高く大地震に対しても安心です。
FullSizeRender


【共用部について】
低層棟の屋上は無料WIFIが利用できるデッキテラスがあり、入居者の方は自由に利用できます。(赤外線防犯カメラが設置されているので女性の方も安心してご利用いただけます。)


【屋上テラス】
terrace01


【集合郵便受け・宅配ボックス】
ent
各階への共用階段は前面道路から最上階まで見通すことができ、死角もなく安心です。
また敷地内には4台の赤外線防犯カメラが設置されており、24時間の監視体制が整っています。


【共用階段】
stair


【コンクリート面には自由に棚をつけることもできます】
tana-16
Pコン棚の作り方


【Pコンフックを使ったハンガー掛け】
pconf-01
Pコンフックの紹介


【キッチンスパイスラック】
EYELEVELBAR01
キッチン収納オプション「アイレベルバー」の紹介


【高さ設定自由なワイヤーカーテン】
window01
ワイヤーカーテンの作り方


【設置位置自由な伸縮ポール間仕切り】
majikiri06
伸縮ポール間仕切りの作り方

設計監理:株式会社 Horibe Associates
施  工:株式会社 辰

【掲載サイト】
architecturephoto.net

【公式SNS】
instagram(ストーリーズは毎日更新しています)
Facebook


地鎮祭/高山台の家2/香芝市

2018.02.27 / Horibe Associates

jichinsai
奈良県香芝市で計画中の高山台の家の地鎮祭を行いました。

今回お願いする工務店さんは初めての工務店さんになります。
非常に周囲の評判が良いことと、以前フットサルで監督さんとご一緒させていただいてからのご縁で繋がりました。

始まったばかりですが、納まりの検討された施工図やコンクリートの配合報告書等々、品質書類も続々と提出されチェックに追われています。
Wrote by Keiichi Horibe

高山台の家の記事一覧


【公式SNS】
instagram(ストーリーズは毎日更新しています)
Facebook


内装工事/杉江の家/滋賀県守山市

2018.02.24 / Horibe Associates

naisou
滋賀県守山市で計画中の杉江の家 内装工事も終盤。

写真は玄関土間空間 奥の開口部は書斎の窓。この開口部から鳥居を望むことができます。
土間の壁は外壁と同じ杉板張り。
内部でありながら書斎へのアプローチは外部空間を連想させ、ONとOFFの切替えが行えるよう意図したデザインです。

外装杉板張り

(外装杉板張り)



Wrote by Keiichi Horibe

杉江の家 記事一覧

【公式SNS】
instagram(ストーリーズは毎日更新しています)
Facebook


地鎮祭/塚脇の家/大阪府高槻市

2018.02.20 / Horibe Associates

20180217
高槻市で計画中の「塚脇の家」の地鎮祭を行ないました。

昨年末から行政との調整を進めていた確認申請もようやく目処が立ちました。
施工会社さんは「三田の家」でお世話になった工務店さんで、監督さんもご指名。
コストが合ってこそですが、監督さんご指名が一番安心できます。

いよいよ着工です。
Wrote by Keiichi Horibe

塚脇の家の記事一覧

【公式SNS】
instagram(ストーリーズは毎日更新しています)
Facebook


1116
三重県で計画中の「川越のガレージハウス」の設計事務所検査を行いました。
検査は特に大きな指摘もなく終了。
何点かの手直しと残工事が完了すれば、お引き渡しとなります。

写真は玄関ホールです。
ガレージからつながる玄関の床はコンクリートとし、居住空間へ向かう基壇部分はコンクリートと似た艶感のものを求め、ポルトガルのrevigres社(レヴィグレス社)の大判タイルを採用しました。
Wrote by Naoko Horibe

川越のガレージハウスの記事一覧

【ガレージハウスの施工例】
十月桜の家
山坂の家
浜寺の家


【公式SNS】
instagram(ストーリーズは毎日更新しています)
Facebook


外装工事/杉江の家/滋賀県守山市

2018.02.10 / Horibe Associates

1123
滋賀県守山市で計画中の杉江の家 外装工事も平行して進んでいます。
正面ファサードは切妻屋根が2つ連なった形状で、外壁は杉板と白モルタルの掻落しで構成されます。

敷地周辺には切妻屋根の古い建造物が点在しており、今回のファサードデザインはこのような歴史的な街並みを継承する「かたち」として提案させていただきました。

敷地周辺状況

(敷地周辺の建造物)


Wrote by Keiichi Horibe

杉江の家 記事一覧

【公式SNS】
instagram
Facebook


造作工事/杉江の家/滋賀県守山市

2018.02.07 / Horibe Associates

zousaku-sugie
滋賀県守山市で計画中の杉江の家 内部の造作工事も中盤、定例会議では家具工事や製作キッチンの打合せに入りました。

今回のキッチンはKOBE STYLEさんでフルオーダー。
KOBE STYLEの営業担当の方とは「はつが野の家」を計画している際にショールームを案内していただいてからのお付き合い。
難しい要望にも常に前向きかつ迅速に対応していただけます。

製作図面での細かなやり取りも約2ヶ月を要し、ようやく先月発注。
あとは取付を待つばかり。
食洗機は川越の家と同じくBOSCHを採用しました。

Wrote by Keiichi Horibe

杉江の家 記事一覧

【公式SNS】
instagram
Facebook


断熱工事/杉江の家/滋賀県守山市

2018.01.30 / Horibe Associates

断熱工事
滋賀県守山市で計画中の杉江の家 断熱工事が完了しました。

施工着手前に吹付け範囲や厚み、使用材料について要領書や計画書にて確認を行います。
現場ではその内容が間違いなく施工されているかを確認します。

杉江の家は木造平屋の計画ですが、リビングの天井高さが最大で4mと高く非常に気積の多い空間となっています。
主暖房の選定は平面計画・断面計画そしてクライアントのご要望を踏まえた上で、断熱性能や開口仕様によって最適な案を提案させていただきます。

内容は大別して2パターンあり、温水床暖房又は蓄熱暖房機を提案させていただくことが多く、今回はユニデールの蓄熱暖房機を採用しました。

薪の調達やメンテンスについて敬遠されない場合は薪ストーブも候補に入ります。
採用されたクライアントからは、薪収集や薪割りも楽しく趣味が増えましたとの声もお聞きします。

Wrote by Naoko Horibe


杉江の家 記事一覧

薪ストーブについての過去記事-1
薪ストーブについての過去記事-2
【吹付け断熱についての過去記事-1】
【吹付け断熱についての過去記事-2】
【吹付け断熱についての過去記事-3】
【吹付け断熱についての過去記事-4】

【公式SNS】
instagram
Facebook


1026
三重県で計画中の「川越のガレージハウス」 建築工事はほぼ完了し設備機器類の設置・調整工事の段階です。
写真は電気蓄熱暖房機の蓄熱体。

主暖房の選定については様々な条件を精査した上で提案させていただきます。
今回は下記のような条件でした。
・敷地に都市ガスの引込みがない
・上記より温水床暖房の場合はエコキュートの選択肢が一般的
・エコキュートの場合は湯切れの問題があるためパネルの敷設面積に制限がある
・クライアントのご要望「寒いのは苦手」
これらの条件より今回は蓄熱暖房機による24時間暖房を提案させていただきました。

電気蓄熱暖房は「はぴeタイム」(2018年関西電力)等の夜間の安価な電力を使用して、蓄熱体に蓄熱し日中放熱することで暖房を行う暖房専用の機器です。
商品としてはユニデールスティーベルオルスバーグ暖吉くん辺りがメジャーなものになります。

スティーベルとオルスバーグの商品は、外気温を計測し蓄熱量を毎日自動設定するシーズンセンサーという機能があるのが特徴です。
自邸ではスティーベルを使用していますが、1台で広い空間の暖房を担う場合にはこのシーズンセンサーは必要ないというのが率直な感想。

自邸では1Fに設置することで1階の水廻りや浴室(在来)も含めて家全体の室内温度を底上げできたことと、冬場に具合の悪くなる家電製品の調子が非常に良くなったという副産物もありました。
Wrote by Naoko Horibe

川越のガレージハウスの記事一覧

【ガレージハウスの施工例】
十月桜の家
山坂の家
浜寺の家

【公式SNS】
instagram
Facebook


sumai
昨年8月に竣工した「私市の家(きさいちのいえ)」が21日に発売されました「住まいの設計 2018年3・4月号」に掲載されています。
巻頭特集の「猫と暮らす、犬と暮らす~幸せな家のつくりかた~」50~55ページです。
sumai-2
(写真は我が家の愛犬キャバリアです。)

人にとっても犬にとっても夏涼しく、冬暖かい快適な住まいです。

Wrote by Naoko Horibe

私市の家
私市の家の記事一覧


【公式SNS】
instagram(ストーリーズは毎日更新しています)
Facebook


category
person
archive
monthly archive

Philosophy

Philosophy

堀部直子

堀部直子

一級建築士
日本建築家協会正会員
建築士会正会員
近畿大学非常勤講師

建築はそれ自身の成り立ちとは無関係に
完成と同時にその周囲の人々や街並み、環境にまで大きく影響を与える存在です。
そして大切に使われているか否かその場所に馴染んでいるか否かに関わらず
何十年もその土地に存在し続けます。

デザインだけでなく、機能だけでもない、建築に関わる様々な物事にこだわり続け
何十年も人々に愛され、人々を守り、色褪せない建築
それが私たちの求める建築のあり方です。

Once created, architecture has significant influence on townscape,
surrounding people as well as the environment, regardless of its background.
It will remain on that ground for decades
whether it blends into the location or not, or if it’s treasured.

No just design or capabilities, but focus on various architectural essence.
Timeless longevity endeared for years, and guarding people’s lives…
this is the concept we pursue.

Contact

Contact

Horibe Associates co., ltd.

大 阪 569-1144 大阪府高槻市大畑町16-12 HAビル 2階
TEL. 072 691 8075
東 京 134-0015 東京都江戸川区西瑞江4-16-6 203
Mail info@horibeassociates.com

アクセス

Mailform

Mailform
▶

必須項目は必ずご入力ください

お名前 姓     名  
ふりがな せい    めい 
    住所検索
ご住所
地名・番地 
建物名など 
お電話番号     
メールアドレス

ご入力 

ご確認 

連絡方法
お問い合わせ項目
※複数選択可



お考えの建物について
タイトル
お問い合わせ内容