• Request For Catalog
  • facebook
  • twitter
  • instagram

blog

blog

syokusai-kourigaoka
お引き渡し後の工事になりましたが、最終の植栽工事を行いました。
今回は常緑・株立ちのシマトネリコ、落葉・単幹のヤマモミジ、落葉・株立ちのジューンベリーの3本
常緑で葉の多いシマトネリコは西日を遮るため西の角に。(夏場に威力を発揮します。)

写真は一部残工事のために駆けつけてくれた大工さん。
あまり竣工した状況を見ることがないため、植栽が完了した作品を前に感極まった様子。
6ヶ月間ありがとうございました!


kouri5
香里ヶ丘の家 お引渡しでした。
お引越し後、お子様が大喜びして、リビングからテラスに駆け出して途中で網戸に激突というオマケ付きでしたが、喜んでいただき大変光栄です。
長らく設計者のワガママに付き合っていただきました施工会社の皆様には、この場をお借りして感謝いたします。


kouri3
香里ヶ丘の家の竣工検査を行いました。
構造や防水、屋根、外壁通気などの建築物の耐久性に大きく影響を与える部分については工事途中の現場確認や該当する工事に着手する前の施工図や計画書等の書類によってチェックします。
お引渡し前の検査は主に仕上げや家具・建具の動作が主になります。

kouri6
工程もバタつくことがなかったため、手順よく納めることができており特に大きな指摘もなく終了。
あとは植栽工事。


kouri2
香里ヶ丘の家は既存の2段擁壁を撤去し、芝生の法面を採用しオープンな外構としました。
高い擁壁に囲まれた若干閉鎖的な街並みにおいて、開放的な街並みの先駆け的な提案となること期待しています。


kouri1
香里ヶ丘の家は足場解体が完了し外構工事に着手しました。
敷地は住宅街の南西角地。
住宅街の玄関口でもあるため、圧迫感のある2段擁壁は撤去し、芝生の斜面によるオープンな外構計画としました。
kouri
(工事着手前)

芝生斜面の施工例は↓コチラ
はつが野の家
吹田の家


足場解体前
足場解体前に外壁の検査を行います。
外壁についてはこの検査以前にプロセスのほうが重要で、足場解体前は外壁の傷や開口部廻りのコーキングの仕上り等を確認します。
ちなみに外壁施工においては、透湿防水シートの施工手順(ジョイント部の重ね寸法等)や通気胴縁の寸法や取付け@・固定方法(釘@)を確認します。
瑕疵担保履行法等で細かな基準があるのですが、現場ではそんなルールよりも感覚的なものを頼りにして検査しています。

外壁施工が梅雨時期とも重なり時間はかかりましたが、とてもいい仕上がりでした。
いよいよ足場解体です。


ガルバ割付
香里ケ丘の家は足場解体まであと少し。
今回はガルバリウム鋼板の平葺きです。
すべてのサッシが外壁の割付により位置、大きさが決められています。
図面で描くのは簡単なことなのですが、現場で実行するのはかなり大変です。
大工さんと板金屋さんの技術もさることながら、監督さんの想いがなければ実現しません。
現場の皆さんに感謝です。

出隅はこんな感じです。
ガルバリウム出隅


ハイエース
香里ヶ丘の現場で建具屋さんと打合せを行いました。
よく現場で顔をあわせる建具屋さんで、施工図もいつも細部までしっかり作図いただけます。
建具重量に合わせた戸車の選定や取手の納まり等々、制作側のプロとしての意見や提案盛りだくさんで、チェックする方も気合が入ります。
さてそんな建具屋さんが最近手に入れられたハイエース。
商用車は使い勝手と丈夫さと低コストであることに主眼をおいてデザインされているものと思い込んでいましたが、かなりディテールに気を使ったデザイン。
注意深くデザインされたディテールの集まりが、奇をてらわずとも、はっとさせる全体のプロポーションにつながっている。そんな感じの車でした。


外壁工事
香里ヶ丘の家外壁工事着手です。

過去物件の写真をもとにモックアップを作成していただきました。
完成したモックアップを現場で確認しながら意匠性・作業性・止水性等様々な側面から納まりの打合せを行いました。
ここへ至るまでに打合せ期間3週間。なんとか工程に乗りました。


電気工事
香里ヶ丘の家は外部の雨仕舞いが完了し内装工事に進んでいます。
今回はクライアントとコンセントやスイッチの位置を現地で確認しました。
現場はまだ骨組みの状態ですが、施工者との打合せは家具や建具の図面と既に竣工モードです。
クライアントの細部へのこだわりもとても高く、いい仕上がりになりそうです。乞うご期待!


  • <
  • 1
  • 2
  • >
category
person
archive
monthly archive

Philosophy

Philosophy

堀部直子

堀部直子

一級建築士
日本建築家協会正会員
建築士会正会員
近畿大学非常勤講師

建築はそれ自身の成り立ちとは無関係に
完成と同時にその周囲の人々や街並み、環境にまで大きく影響を与える存在です。
そして大切に使われているか否かその場所に馴染んでいるか否かに関わらず
何十年もその土地に存在し続けます。

デザインだけでなく、機能だけでもない、建築に関わる様々な物事にこだわり続け
何十年も人々に愛され、人々を守り、色褪せない建築
それが私たちの求める建築のあり方です。

Once created, architecture has significant influence on townscape,
surrounding people as well as the environment, regardless of its background.
It will remain on that ground for decades
whether it blends into the location or not, or if it’s treasured.

No just design or capabilities, but focus on various architectural essence.
Timeless longevity endeared for years, and guarding people’s lives…
this is the concept we pursue.

Contact

Contact

Horibe Associates co., ltd.

大 阪 569-1144 大阪府高槻市大畑町16-12 HAビル 2階
TEL. 072 691 8075
東 京 134-0015 東京都江戸川区西瑞江4-16-6 203
Mail info@horibeassociates.com

アクセス

Mailform

Mailform
▶

必須項目は必ずご入力ください

お名前 姓     名  
ふりがな せい    めい 
    住所検索
ご住所
地名・番地 
建物名など 
お電話番号     
メールアドレス

ご入力 

ご確認 

お問い合わせ項目
※複数選択可



お考えの建物について
タイトル
お問い合わせ内容