• Request For Catalog
  • facebook
  • twitter
  • instagram

blog

blog

gensetsu
神戸市で計画中の青谷の家 実施設計が終了し見積り依頼のため現地説明会を行いました。
これから1ヶ月後に見積りアップの予定です。

今回は高低差3mの敷地での施工難易度の高い計画であるため、設計段階で山留めや掘削等の施工計画も配慮した設計を行いました。

【青谷の家 過去記事】


構造検討

写真は神戸市で計画中の青谷の家の構造家との調整に用いているフレームパースです。
設備関係の配管ルートと構造必要断面、意匠上必要な寸法条件等を3Dにて情報共有し調整を行ないます。

建物は3層ありますが高低差のある敷地のため、法規上は地下1階、地上2階建てとなり、建築基準法62条で要求される準耐火建築物の規定からは外れるよう計画しています。
それによって建物の軽量化や見えない部分のコストダウンが図れます。


実施設計/青谷の家/兵庫県神戸市

2016.06.02 / Horibe Associates

modello
神戸市で計画中の青谷の家 クライアントとキッチンの打合せを行ないました。

今回はmodelloさんです。
LDKは比較的高めの勾配天井のため、レンジフードを設けない方向で対応することになりました。
グリーンハイキ1

グリーンハイキ2


プレゼン/青谷の家/兵庫県神戸市

2016.05.09 / Horibe Associates

aotani
神戸市で計画中の青谷の家は若干のプラン変更に伴い、再度プレゼンテーションさせていただきました。
概算時に山留め工事に費用がかかっていたため、地下部分の計画を再考。
施工時の工事搬入計画も再度検討し、より最適な構造計画での提案をさせていただきました。

とても気に入っていただき、早速実施設計着手です。


nadashikichi
実施設計も大詰めとなり、出来上がった図面をもって、改めて現地確認を行いました。
駐車場アクセス路の詳細レベル測量や夜景の見え方を確認し開口の微調整について等々。
実施設計の過程で出てくる疑問点は机上で解決しない場合、現場へくると大抵ある一定の方向性は見えてきます。
屋根並の谷部分の眺望は当初電柱が邪魔で方向性としては否定的に捉えていましたが、夜景ではブラックアウトすることがわかり、早速開口部の調整を行いました。


nada1
青谷の家は冷暖房に放射冷暖房システムの採用を検討しています。
写真のルーバーに夏は冷水・冬は温水を循環させて輻射熱で冷暖房を行う製品です。
熱源はヒートポンプによる不凍液の循環タイプ。
輻射冷房を行う場合結露の問題がありますが、ルーバーについた水滴はルーバー下部のパンで受けて排水される仕組みになっています。

設計に際して「実際に体感してみなければ、クライアントにお勧めすることもできない!」ということでショールームにお邪魔してきました。
率直な感想は「我が家にもほしい!」ということになり事務所的には満場一致で採用OKとなりました。

ピーエスグループ http://www.ps-group.co.jp


地盤調査/青谷の家/兵庫県神戸市

2014.09.26 / Horibe Associates

地盤調査
青谷の家は地盤調査を行いました。
傾斜地であることや山留めや掘削工事に際して岩盤の有無等が設計に大きく影響するため、簡易なスウェーデン式サウンディング試験ではなく、ボーリング調査を行いました。
非常に安定した地盤性状でした。引き続き構造設計者との意見調整を行いながら詳細設計を進めていきます。


中高層協議
神戸市で計画中の青谷の家は中高層協議が必要なため、ご近隣様への説明や建築概要の看板の設置を行いました。
申請書を提出し約1ヶ月間で審査が完了します。


中高層協議
青谷の家は実施設計と中高層協議や事前協議を並行して行っています。
最終計画にブレが生じないよう事前の協議は慎重に行う必要があります。


青谷の家/神戸市灘区

2013.12.16 / Horibe Associates

別荘
神戸市灘区で計画している住宅敷地の再調査に訪れました。
詳細設計の大枠がほぼまとまったのですが、山留め施工方法や鉄骨の搬入経路の確認等、施工可能な部材による設計を行う必要があるため工務店さんを交えての現場確認でした。

写真は敷地北側隣地の桜です。この桜は半地下のシアタールームから見上げる予定です。


category
person
archive
monthly archive

Philosophy

Philosophy

堀部直子

堀部直子

一級建築士
日本建築家協会正会員
建築士会正会員
近畿大学非常勤講師

建築はそれ自身の成り立ちとは無関係に
完成と同時にその周囲の人々や街並み、環境にまで大きく影響を与える存在です。
そして大切に使われているか否かその場所に馴染んでいるか否かに関わらず
何十年もその土地に存在し続けます。

デザインだけでなく、機能だけでもない、建築に関わる様々な物事にこだわり続け
何十年も人々に愛され、人々を守り、色褪せない建築
それが私たちの求める建築のあり方です。

Once created, architecture has significant influence on townscape,
surrounding people as well as the environment, regardless of its background.
It will remain on that ground for decades
whether it blends into the location or not, or if it’s treasured.

No just design or capabilities, but focus on various architectural essence.
Timeless longevity endeared for years, and guarding people’s lives…
this is the concept we pursue.

Contact

Contact

Horibe Associates co., ltd.

大 阪 569-1144 大阪府高槻市大畑町16-12 HAビル 2階
TEL. 072 691 8075
東 京 134-0015 東京都江戸川区西瑞江4-16-6 203
Mail info@horibeassociates.com

アクセス

Mailform

Mailform
▶

必須項目は必ずご入力ください

お名前 姓     名  
ふりがな せい    めい 
    住所検索
ご住所
地名・番地 
建物名など 
お電話番号     
メールアドレス

ご入力 

ご確認 

お問い合わせ項目
※複数選択可



お考えの建物について
タイトル
お問い合わせ内容