• Request For Catalog
  • facebook
  • twitter
  • instagram

blog

blog

型枠支保工解体施工計画書
英会話学校の現場は年内に上棟する予定です。
鉄筋コンクリート造の場合、梁やスラブ型枠の解体時期については多くの決まりがあります。
生コンが硬化する前にうっかり型枠を解体してしまうことの無いようにしなければいけません。
今回は2階の床を上の階からも支えるという少しややこしい構造のため、型枠解体施工計画書を作成していただきました。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


上棟/熊取の家/大阪府泉南郡

2013.11.29 / Horibe Associates

上棟
熊取の家は最終のコンクリート打設を行いました。
スラブの打設になると打設に関わっている多くの職人さんたちは足場の方に追いやられ、左官屋さんだけが残ることになります。
写真には写っていませんが、後ろの足場には打設に関わった10人ほどの職人さん達が所狭しと見守っています。


配筋検査
英会話学校の現場は3階梁スラブの配筋検査を行いました。
大きな半円の窓からは公園の緑がいっぱいに広がる予定です。
(写真は型枠で混雑していますが、その予定部分の写真です。)

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


生コン打設
熊取の家最終のコンクリート打設です。
写真は天端ポイントという商品。
床のコンクリートの厚みを設計図通り確保するために使用します。
水平な床の場合はオートレベルやレーザーレベルで確認することができますが、勾配の付いた屋根スラブではこの方法がよく使われます。
昔からある原始的な方法ですが、レーザーレベルで確認するよりもずっと確実な方法です。


柱状改良
山坂の家 いよいよ本格着工です。
最初は柱状改良工事なのですが、まずは施工計画書のチェックです。
改良材の種類、配合計画、改良長さ等書類で確認してから作業に着手してもらいます。


現場視察
先日英会話学校の校長先生に現場視察に来ていただきました。
校長先生は背が高いのですが、常に子ども目線で確認していただき、とても微笑ましい現場視察でした。

ホワイトローズ・イングリッシュスクール特設サイト


配筋検査/熊取の家/大阪府泉南郡

2013.11.20 / Horibe Associates

配筋検査
熊取の家の配筋検査を行いました。
屋根スラブと梁の配筋検査で、今回で最後の配筋検査です。

写真右の吹抜け下は2階の中庭になります。
この中庭に寝室が面しており、プライバシーを確保しながら空や緑を楽しむことができます。


雑誌取材
先日「十月桜の家」の雑誌取材がありました。
編集者の方がとてもお話しのしやすい方で、取材を受けているという感覚は全くなくあっという間に時間が過ぎていました。
十月桜の家は冬場に暖機運転が必要なクラシックミニのためにインナーガレージになっています。

本日発売のガレージのある家Vol.29 (NEKO MOOK)に掲載されます。


配筋検査
英会話学校の現場は2階壁柱の配筋検査を行いました。
2階のスラブを4m跳ね出すため最上階までの壁全体でスラブを吊る構造になっています。
かなり難易度の高い配筋でしたが、非常に精度よく配筋されており特に大きな指摘もなく合格。
12月初旬のコンクリート打設へ向けて型枠工事に着手しました。


はつが野の家

2013.11.12 / Horibe Associates

はつが野の家
先日はつが野の家へおじゃましてきました。
竣工して3年目、お子様も大きくなってとても賑やかでした。


  • <
  • 1
  • 2
  • >
category
person
archive
monthly archive

Philosophy

Philosophy

堀部直子

堀部直子

一級建築士
日本建築家協会正会員
建築士会正会員
近畿大学非常勤講師

建築はそれ自身の成り立ちとは無関係に
完成と同時にその周囲の人々や街並み、環境にまで大きく影響を与える存在です。
そして大切に使われているか否かその場所に馴染んでいるか否かに関わらず
何十年もその土地に存在し続けます。

デザインだけでなく、機能だけでもない、建築に関わる様々な物事にこだわり続け
何十年も人々に愛され、人々を守り、色褪せない建築
それが私たちの求める建築のあり方です。

Once created, architecture has significant influence on townscape,
surrounding people as well as the environment, regardless of its background.
It will remain on that ground for decades
whether it blends into the location or not, or if it’s treasured.

No just design or capabilities, but focus on various architectural essence.
Timeless longevity endeared for years, and guarding people’s lives…
this is the concept we pursue.

Contact

Contact

Horibe Associates co., ltd.

大 阪 569-1144 大阪府高槻市大畑町16-12 HAビル 2階
TEL. 072 691 8075
東 京 134-0015 東京都江戸川区西瑞江4-16-6 203
Mail info@horibeassociates.com

アクセス

Mailform

Mailform
▶

必須項目は必ずご入力ください

お名前 姓     名  
ふりがな せい    めい 
    住所検索
ご住所
地名・番地 
建物名など 
お電話番号     
メールアドレス

ご入力 

ご確認 

お問い合わせ項目
※複数選択可



お考えの建物について
タイトル
お問い合わせ内容